自動車安全部品メーカーが作ったドローン緊急用パラシュート

CONCEPT

ドローン事業を安全に ドローン社会に安心を

人を守る・ドローンを守る

Protect People & Drone

物流、測量、点検、災害救助などの分野で産業用ドローンの利活用が進められていますが、不測の事態でドローンが落下する危険性もあります。PARASAFE はそうした事態に緊急パラシュートを展開。ドローン本体はもちろん、地上の人、建物、自動車などへの衝突被害を軽減するために開発されました。

飛行を支える安心感

Support Your Flight

ドローン事業において衝突事故を起こした場合、損害賠償や刑罰などの信用リスクにつながる恐れもあります。緊急パラシュートでそうしたリスクを低減できれば、安心感をもってフライトが可能。これまで避けていた飛行エリアやシチュエーションであっても、アクティブな飛行をサポートし、ドローンの可能性を広げることができます。

「安全」のためのモノづくり

Quality for Safe

安全システムには高い品質と信頼性が求められます。PARASAFEは日本の自動車安全部品メーカーがつくった安全システム。自動車分野において世界中で安全部品を供給してきた実績と、100年以上に渡り培った独自技術を活かし、ドローン分野においても優れた安全性を提供します。

PRODUCT

産業用ドローン向け緊急パラシュートシステム
『PARASAFE』開発中

PS CA12-01

日本初の産業用ドローン向け緊急パラシュートシステム。不測の事態でドローンが落下した際に、極少量の火薬を用いて緊急パラシュートを射出・展開します。日本化薬は日本初の産業用火薬メーカーであり、高い安全性を持った火薬デバイスを製造可能。自動車エアバッグに使われている技術をパラシュートシステムに応用しています。

※火薬類取締法上の火薬類を内蔵しておりますが、火薬類取締法の適用を受けない火工品に指定されており、その取扱い、運搬、貯蔵、消費(使用)等において、火薬類取締法の適用を受けません。(令和2年5月8日 経済産業省告示 第百七号 三十八の項)

MORE >>